東日本大震災

2011年3月11日、午後3時前に東日本の宮城県沖で大地震が発生し、その後巨大な津波が沿岸を襲いました。津波はほとんどの建物を根こそぎ破壊して海に引き込んだため、実に1万5,000人以上が犠牲になったと言われています。

After tsunami, 津波の後

また、福島第一原子力発電所がメルトダウンを起こし、局地的ながら放射能汚染の恐れがあるため近隣住民は未だに帰還できていません。

日本は自然災害が多い国です。東日本大震災ほどではないにしろ、数年に一度、どこかで甚大な震災が起こります。残念ながら現代の科学技術をもってしてもそれらの予知は不可能です。

Kafunsyou

There is endemic disease called “Kafunsyou(花粉症)” in Japan. About 1/3 of the people seem to have it. I have been suffering from it for about ten years ago.

Hay fever, 花粉症

Hay fever is an allergy that causes various symptoms due to pollen scattered. The main symptoms are as follows.

  • Sneezing does not stop
  • Eye itches
  • hard to open eyes
  • runny nose
  • get a fever
  • lose concentration

The most common allergy is caused by cedar pollen. It becomes prominent in the early spring. However, some people have allergies other than cedar and multiple allergies.

Hay fever is not congenital. It appears that the amount of pollen in the body exceeds the amount received. However, the amount of demand depends on individuals. Some people become hay fever from a young age, others begin to grow up as adults. Since it is allergic, it is irrelevant to physical fitness. Even strong athletes suffer from hay fever. Therefore Filipino people may have hay fever one day if they are long in Japan.

In my experience, I can escape from suffering if I evacuate to the Philippines. Even in the midst of pollen allergy, symptoms will cure 20 minutes after takeoff on an airplane, and it will cure completely in the Philippines. I will recur soon after returning to Japan…

Likewise, even in Japan I heared that if we go to Okinawa Prefecture, pollen allergy disappears. Even Okinawa should have many cedar pollen flying.

Therefore, allergies of hay fever may originate not only in pollen but also in complex conditions such as chemical substances peculiar to urban areas.

銭湯

日本のお風呂に慣れたら次のステップとして銭湯にもチャレンジしてみてください。銭湯はいわゆる公衆浴場で、日本しきのスパです。一回の料金は500円弱です。

Sentou, 銭湯

銭湯はまだ日本の住宅事情が未発達で、各家庭にお風呂がなかったころに生まれたサービスです。お風呂が普及した今でも愛好者がいます。なぜなら家庭とは違って以下のようなお風呂が楽しめるから。

大浴槽

たっぷりのお湯に浸かって足を伸ばせます。

なお、浴槽内で泳いだり潜ったりするのはマナー違反です。

ジャグジー

浴槽の壁から気泡が勢いよく吹き出して、マッサージ効果が得られます。

電気風呂

バスタブに弱い電気が流れていて、程よい刺激があります。

サウナ

いわゆるサウナです。乾燥したドライサウナと蒸気が充満したミストサウナがあります。

冷水浴

水の風呂です。暑いサウナの後に浸かると運動による疲労の回復に効果的です。

なお、基本的なルールは以下のとおりです。

  • 裸で利用します
  • 先に体や髪を洗ってから浴槽に浸かります
  • サウナから出た際は軽くシャワーで汗を洗い流してから浴槽に入ります
  • タオルはなるべく浴槽に浸けないようにしましょう
  • タオルは有料で貸りられます。石鹸かボディソープ、シャンプー&リンスの類は備え付けです。

外国の多くでは幼い子供を除けば人前で裸になる習慣がないとも聞くけど、そこは慣れです。もちろん部分的にタオルで隠しても構いません。

ちなみに2015年の初頭、マクタン島のJパークホテルの向かい、メトロスーパーマーケットの並びに日本風の銭湯が開業したので滞在中だった私も一度だけ利用しました。でもしばらくして閉鎖されたようです。客が少なかったのかも。短期滞在の旅行者は使わないだろうし、利用客はせいぜい長期滞在の英語留学生かダイビングサービスの日本人スタッフぐらいだろうから。

雪下ろし

日本列島は細長い形をしていて北に行くほど寒くなります。よって北海道はもちろん、青森、秋田、岩手、山形、新潟、長野も豪雪地帯です。また、長野、山梨、群馬、岐阜などの内陸の県も雪がたくさん降ります。ある豪雪地方では家屋は必ず2階建てで、冬は階から出入りするそうです。

豪雪地帯では雪下ろしが欠かせません。雪下ろしは主に築年数が長い家屋の屋根に積もった雪を地面に落とす作業です。雪が家の屋根に高く積もったら誰かが屋根に登りシャベルで雪を地面に落とします。足場が不安定な上、雪の塊は重いので重労働です。でも、これをやらないと雪の重みで屋根が壊れたり家が潰れ兼ねません。

shovel snow off the roof, 雪下ろし

だったら屋根に電熱ヒーターを仕込めば良さそうに思うけど、そうではありません。気温の低い雪国では雪が解けてもすぐに凍るので。原理は知らないけどお湯は水よりも早く凍ります。かといって蒸発させられるほどの火力を屋根に仕込むと燃料代がばかになりません。

冬がないフィリピンの人は「どうしてそんなに寒いところに住むのか?」と思うかもしれません。私も個々人の事情までは解らないけど、寒い土地では美味しい農作物が採れます。

雪の品質

同じ雪でも地方によって性質が違います。北海道に降る雪は「Japow」と呼ばれ、スキーヤー達にとっては世界でも最高品質のフワフワな粉雪です。そのため海外からも雪のアクティビティ目当てでたくさんの来訪者が来ます。

逆に私の故郷である九州の北部で降る雪は水分が多く含まれているので積もってもシャーベット状です。積雪量も少ないので雪玉を転がして雪だるまを作ると泥だらけの汚れただるまが出来上がります。

Snowman, 雪だるま