雪下ろし

日本列島は細長い形をしていて北に行くほど寒くなります。よって北海道はもちろん、青森、秋田、岩手、山形、新潟、長野も豪雪地帯です。また、長野、山梨、群馬、岐阜などの内陸の県も雪がたくさん降ります。ある豪雪地方では家屋は必ず2階建てで、冬は階から出入りするそうです。

豪雪地帯では雪下ろしが欠かせません。雪下ろしは主に築年数が長い家屋の屋根に積もった雪を地面に落とす作業です。雪が家の屋根に高く積もったら誰かが屋根に登りシャベルで雪を地面に落とします。足場が不安定な上、雪の塊は重いので重労働です。でも、これをやらないと雪の重みで屋根が壊れたり家が潰れ兼ねません。

shovel snow off the roof, 雪下ろし

だったら屋根に電熱ヒーターを仕込めば良さそうに思うけど、そうではありません。気温の低い雪国では雪が解けてもすぐに凍るので。原理は知らないけどお湯は水よりも早く凍ります。かといって蒸発させられるほどの火力を屋根に仕込むと燃料代がばかになりません。

冬がないフィリピンの人は「どうしてそんなに寒いところに住むのか?」と思うかもしれません。私も個々人の事情までは解らないけど、寒い土地では美味しい農作物が採れます。