讃岐うどん

「讃岐うどん」と呼ばれるうどん屋さんでは注文の方法が他とは違います。

通常のうどん屋さんでは、天ぷらうどん、きつねうどんなど、好みの具材とセットになったうどんを注文しますが、讃岐うどんのお店ではトッピングの具材を好きなだけ自分で選べます。

讃岐うどんのお店には厨房を兼ねた注文カウンターがあり、具材のコーナー、うどんの注文・受け取りコーナー、レジが順番に作られています。注文の流れはこうです。

まず、トッピングのコーナーで食べたい具材を自分で小皿に取ります。一般的な具材はエビの天ぷら、鳥の唐揚げ、野菜のかき揚げなどです。いくつ取っても構いません。中には大量の天ぷらを取る大食漢もいます。

次に、うどんの種類を注文します。うどんを受け取ったらレジに進み、総額の代金を払います。

Sanuki-Udon、讃岐うどん
大食漢はもっとたくさんの天ぷらを買います

それを自分で席に運んで食べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です