日本人の心情

多くの日本人はフィリピン人よりも悲観的です。理由はいくつかあります。もちろんこれは一般論で、個々人によっても違うけど。

完璧思考

多くの日本人は完璧思考です。学校教育でも長らく設問に対する正解を導き出す訓練に注力されてきました。

とはいえ世の中に完璧な人はいません。一握りの優秀な人はそつなく振る舞えるでしょうが、それ以外の人は失敗を重ね、悔いてしまいます。

日本の製品が高品質なのは持ち前の完璧指向がいい方向に働いた結果ですが、悪い方に働くこともあり、その場合は自分たちに課したハードルの高さが自分たちを苦しめることも少なくありません。

家族の繋がりが弱い

フィリピン人に比べれば日本人の家族の絆は薄いと言えます。

日本でも昔は三世帯同居も珍しくなかったけど、今日では少数派です。経済発展の結果、都市部に人口が移動し、核家族化が進んだことも、その原因でしょう。

また、日本では家庭を顧みずに働くことが美徳とされる風潮もありました。

そうして、家族で支え合わなくなった人は精神的に脆いものです。

地理的な理由

熱帯の島国では魚介や果物が簡単に手に入るし、仮に住む家が無くても簡単には死なないけど、寒い地方ではそうはいきません。

今でこそ豊かになったものの、昔の日本では怠惰は死に直結し兼ねませんでした。また、たとえ勤勉であっても気候が悪化すれば飢え死にの恐怖に直面していました。よって慎重な性格、ともすると悲観的なものの考え方が生存の鍵だった側面もあるでしょう。

フィリピン人には給料を後先考えず一気に使ってしまう人も多いようで。それは南国で家族の絆も強いからできる生き方です。

バロット

Balot日本ではバロットを食べる習慣がなく、多くの日本人はグロテスクに感じて食べることができません。

そのためアヒルの有精卵もなかなか手に入りません。

限られた輸入業者がバロットを売っているものの、おそらく新鮮ではないでしょう。

残念ながらバロットは帰郷した時の楽しみと考えてください。

ちゃんぽん

ちゃんぽんは韓国料理だと思っていませんか?確かにフィリピンのスーパーには韓国製のインスタントちゃんぽんが売っています。テレビコマーシャルもやってるのかな。

でも、ちゃんぽんは伝統的な和食。原子爆弾の被爆地として有名な長崎が発祥の地です。そもそも「ちゃんぽん」が「混ぜこぜ」という意味の日本語で、太い麺と鶏ガラや豚骨のスープに、たっぷりの炒めた野菜、蒲鉾、きくらげなどを載せたものが一般的です。

長崎ちゃんぽん
長崎ちゃんぽん。アドボポークみたいなのも長崎料理です。

それを韓国人が取り入れ、独自にアレンジして発売したのでしょう。そのため韓国のちゃんぽんはかなりスパイシーだけど、本来のちゃんぽんは野菜の甘みが特徴の料理です。

ちゃんぽんは日本全国にあるリンガーハットというレストランチェーンで楽しめます。

カラオケ

カラオケは日本発祥だけど、日本人が皆歌うとは限りません。

そして歌う場所は道端ではなくカラオケスタジオやスナック、もしくは自宅に限られます。

もっと言うとカラオケは少々お高い楽しみです。多くのカラオケスタジオでは部屋代を払った上に、何か飲み物を注文する必要があります。その後は部屋を独占して時間いっぱいまで歌い放題です。フィリピンの曲もたくさんあります。

今日、カラオケのサービスは進化しています。一人で没頭できる「一人カラオケ」です。

Karaoke, カラオケ

公共交通手段

日本にはジプシーもトライシクルもありません。代りの公共交通手段は電車、バス、タクシーです。いうまでもなくタクシー代は他に比べて高額になります。ちなみに日本のタクシーは自動ドアがついています。

電車やタクシーは乗り降りの場所が決まっているので、もしあなたが日本に住むなら、フィリピンにいた頃よりも長くて歩くことになるでしょう。

また、都会では電車やバスの便が充実しているものの、地方はそうではありません。もし地方に住むつもりなら必要な交通機関を調べてみててください。誰かに車で送ってもらう必要があるかもしれません。

人種差別?

あなたが日本に住むと、疎外感や差別を感じることがあるかもしれません。ときには初対面の日本人があなたを上から下まで観察するでしょう。でもそれはおそらく単なる好奇心からです。

今日、国際交流が増え、外国からの旅行者も多くなったものの、まだ外国人に慣れていない日本人も少なからずいます。日本は元来ほぼ単一民族の国家です。中国人や韓国人、モンゴル人とは風貌が近いけど、フィリピン人は少し目立ちます。でも、ほとんどの日本人にはフィリピン人に対する差別意識はないはずです。

ただし年配の人を中心に「若いフィリピン人女性はパブで働いている」という固定観念を持っている人もいます。なぜなら今でもフィリピン人が日本の労働ビザを取るのは難しいものの、昔からエンターテイナーにはビザが下りやすかったからです。そのためダンサーやシンガーとして来日し、パブででホステスとして働くフィリピン人女性がたくさんいました。

そのような背景から、あなたが若い女性なら、認識を更新できていない年配の男性などからセクハラを受ける機会があるかもしれないので、上手に回避しましょう。

宗教

フィリピンではミンダナオ島を除けばクリスチャンが圧倒的に多いと聞いています。日本では一応仏教徒が大半とされているものの、多くの人の信仰は形骸化していて、お葬式などの儀式の際にだけ宗教的なしきたりを意識する人も少なくありません。

日本人の中には敬虔なクリスチャンもいるけど数%です。日本にも約400年前には宣教師が渡来し、懸命にキリスト教の布教活動を行ったものの、あまり根付きませんでした。その理由の一つは、時の政権がキリスト教の浸透を足掛かりに西欧諸国から植民地にされることを恐れ、キリスト教を禁じたためです。

他の理由としては、古来からのアニミズム思想があるからかもしれません。「八百万の神」と言うように、古来の日本人は万物に神が宿るという考え方をしていました。感覚的には「自然こそが複合的な神」という表現に近いかもしれません。

例えばゴジラ。ゴジラという怪獣は冷戦時代の核兵器開発競争に対するアンチテーゼ、大自然による逆襲の象徴として誕生しました。そのため名前が「God」で始まります。アニメ映画『もののけ姫』も似た思想に基づくものです。あるいはドラゴンボールに象徴されているかも。あの漫画には神と名が付くキャラクターがたくさん登場しますよね。英語版でも神様なのかは解らないけど。

また、太平洋戦争終結前は天皇が神として崇められていました。ちなみに天皇の家計を遡れば神話の登場人物に繋がります。

ただし、日本人は他の国や宗教のイベントを取り入れ、好き勝手にアレンジして楽しむのが好きです。例えばクリスマスはクリスチャン以外の人達の間では、家族と過ごすのではなく、「恋人同士がロマンチックなひと時を過ごすべき日」あるいは「ケーキやチキンを食べる日」として浸透しました。ハロウィンに至っては「大人も子供も仮装して繁華街に繰り出して馬鹿騒ぎする日」という位置づけになっています。

日本の民族

多民族国家のフィリピンとは違って日本はほぼ単一民族国家です。わずかに少数民族がいるものの、今やほとんど日本人と同化しています。

そのため標準的な日本語は日本中で通じます。その代わり、日本には様々な方言があります。

秋の味覚

これらは秋に美味しい食べ物です。

梨梨は日本を代表する果物の一つです。

洋梨の仲間ですが、洋梨よりも水分が多く甘いのが特徴で、便秘の予防にも有効です。

梨はスーパーマーケットで1個100〜300円で売られています。

柿柿は東アジアの果物で、特に日本産の柿は甘くて美味しく、栄養も豊富です。

近年、種がなく、身をすべて食べられる柿も出回るようになりました。

柿はスーパーマーケットで1個100〜300円で売られています。

栗

栗は秋に美味しい木の実で、一般的には蒸して食べます。

なお、近年は中国からの輸入品が増えました。そこで日本風の食べ方として、お米を栗と一緒に炊いた栗ご飯をお勧めします。スーパーマーケットでは栗ご飯用に調味料に漬けた栗が売っています。

秋刀魚

秋刀魚秋刀魚の一般的な料理は塩焼きで、大根おろしを乗せ、醤油をかけて食べます。

秋刀魚の身も美味しいけど、何と言っても苦味のある内臓が最高です。

ただし、生魚を焼くと火事のように煙が出るので自分で調理するのは諦めてください。自宅で楽しむなら、すでに焼かれたものを買ってきて電子レンジで温めて、お米と一緒に食べましょう。

秋刀魚ははスーパーマーケットで1匹150〜300円で売られています。

ちなみに秋刀魚の身をほぐして食べる作業は箸の練習にもってこいです。

春以降に初来日したフィリピン人は秋がもっとも辛いかも。バギオあたりの出身者を除けば寒さには慣れていないだろうから。

例えば9月の後半頃から暑い日と寒い日が入り混じるようになります。寒さへの有効な対策は暖かい服装をすることです。

でも、この秋は重要な期間です。なぜなら夏からいきなり気温一桁の冬になったら、来日したばかりのフィリピン人は誰も生き残れません。

秋の猶予期間を使って冬への準備をしましょう。